FC2ブログ

【Jpn1・ジャパンダートダービー(大井)】最新予想公開~ココは素直に、超素質馬・クリソベリルの相手探し。~

【Jpn1・ジャパンダートダービー(大井)】

①1着入線可能性大‥クリソベリル
※圧倒的な人気サイドとなるが、今回ばかりは「楽勝
 ムード」さえ漂う超素質馬・クリソベリルを本命に
 推さざるを得ない。当馬は全兄・クリソライトに比
 べると馬体の造りがひと回り大きいが(過去のレー
 スぶりを見る限りにおいては)走りのしなやかさと
 いう点ではその血はしっかりと受け継がれており、
 パワーで上回るぶん今後はその兄を超える実績を残
 してゆく可能性は非常に高いものと推測されよう。
 クリソベリルはすでに前走「兵庫CS」で地方特有
 の時計が掛かる馬場を克服しており、あとは大井の
 “ナイター”にさえ戸惑わなければ<兄弟同一GI制
 覇>が高確率で現実のものとなりそうである。
 さて、本命・クリソベリルがレース終盤で先行集団
 を競り潰す展開となれば、最後の直線、一気に台頭
 してくるのは後方で脚をタメる追い込み勢。中でも
 対抗評価としたミューチャリーは、展開さえ向けば
 中央馬相手でも十二分に通用する「驚異の末脚」を
 有しており、走り慣れた南関東の“地の利”を活かせ
 ば上位進出も決して夢ではないだろう。


②3着内入線可能性大‥ミューチャリー

           デルマルーヴル

           ロードグラディオ

③押さえ要員‥デアフルーグ ウィンターフェル

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)





★上記予想は7月10日(水)現在の最強予想理論に
 基づくコンピューター解析結果です。

★地方競馬の直前予想は「交流重賞(Jpn1及びG1)」
 開催時のみ公開しております。

★地方競馬の買い目配信はオッズ変動が激しいため、
 現在行なっておりません。上記予想を参考にご自分
 で買い目を組み立てて頂ければ幸いです。









【重要】地方競馬予想の掲載について

どうも、管理人です。

2016年11月より、最強予想理論における地方競馬予想は

交流重賞の「Jpn1(2歳戦を除く)」及び「G1」を中心に

掲載させて頂いております。

※次回の地方予想掲載は、今週7月10日(水)に大井競馬場にて
 開催される「Jpn1・ジャパンダートダービー」となります。



<地方競馬予想・年間掲載スケジュール>

・1月下旬  川崎記念(川崎/Jpn1)

・5月上旬  かしわ記念(船橋/Jpn1)

・6月下旬  帝王賞(大井/Jpn1)

・7月中旬  ジャパンダートダービー(大井/Jpn1)

・10月上旬 マイルチャンピオンシップ南部杯(盛岡/Jpn1)

・11月上旬 JBCシリーズ・3競走(JRA京都/Jpn1)

・12月下旬 東京大賞典(大井/G1)



上記スケジュールは、地方競馬における予想を省力化する事に

より、今まで以上に「中央競馬予想」を充実させるための方策

となりますので、読者諸氏におかれましては何卒ご理解賜りま

すようお願い申し上げます。





【中央重賞ダブル予想】最新予想公開~(七夕賞)逃げ馬揃ったココは、すんなりとロシュフォールの末脚炸裂。(プロキオンS)マテラスカイ、「イン優勢馬場」を活かして先行逃げ切り態勢確立。~

【七夕賞】

①1着入線可能性大‥ロシュフォール
※明け4歳にして早くも本格化の様相を呈し始めたロ
 シュフォールで軸は堅い。当馬はデビューが遅れた
 ぶん、前走「新潟大賞典」が初めての重賞挑戦とな
 ったが、そこでも歴戦古馬相手に上がり最速の末脚
 を披露してきており、速い流れが確実視される今回
 ばかりは更なる躍進が期待できよう。仕上がり途上
 だった前走に比べると、全身の筋肉量は明らかに豊
 富さを増しており、馬体は文句のつけようがない程
 までに磨き上げられている。いまだに底を見せない
 素質馬が2度目の重賞挑戦で悲願のタイトル奪取を
 果たせるのか、要注目の一戦である。
 「外差し」が効き始めている今の福島コースにあっ
 ては、展開的に逃げ・先行馬が全滅する可能性まで
 を視野に入れる必要がある。それゆえ馬券戦略的に
 は、外枠を引き当てた追込脚質馬を相手とした組み
 立てを推奨しておきたいところではある。


②3着内入線可能性大‥クリノヤマトノオー

           ミッキースワロー

           クレッシェンドラヴ

③押さえ要員‥ウインテンダネス

④大穴推奨馬‥ (←5位前後)



【プロキオンステークス】

①1着入線可能性大‥マテラスカイ
※中京のダートコースは(今週も引き続き)内寄りを
 廻った馬にアドバンテージが発生しており、逃げ脚
 鋭い本命・マテラスカイにとってはおあつらえ向き
 の馬場が現出しているものと考えてよいだろう。当
 馬は昨年の「プロキオンS」以降勝ち星から遠ざか
 ってはいるが、先行脚質馬が手薄な今回のメンバー
 構成であれば、レース序盤からスムーズに主導権争
 いを制することができるはず。遠征帰りながら調教
 強度はピークのそれに近いところまで高められてお
 り、勝負気配に関しては「極めて濃厚」と判断して
 問題ない。陣営が“秋の大目標”と定める「BCスプ
 リント」へ胸を張って挑戦するためにも、G3ごと
 きで無様な競馬を見せるわけにはいかない。
 相手筆頭には、ラチ沿いの経済コースをロスなく廻
 れる中穴・サクセスエナジーが断然の狙い目。その
 他では、夏場になると高確率で勢力を盛り返して来
 るウインムートに注目しておきたい。


②3着内入線可能性大‥サクセスエナジー

           ヴェンジェンス

           サンライズノヴァ

③押さえ要員‥ウインムート ミッキーワイルド

④大穴推奨馬‥ (←5位前後)






★上記予想は7月7日(日)現在の最強予想理論に
 基づくコンピューター解析結果です。

★中央競馬につきましてはレース当日に馬場・天候等
 を加味した解析結果の一部を「最終買い目」として
 当ブログに公開します。

★予想配信会員の皆さまには、中央競馬・開催日当日
 午前9時30分までに万馬券獲得可能性をより一層
 高めた「厳選買い目」を配信させて頂きます。