【Jpn1・ジャパンダートダービー】おめでとうー!中穴本命・ヒガシウィルウィンがJRA勢を見事撃破!!

どうも、管理人です。


いや~、やってくれましたね、南関の雄・ヒガシウィルウィン


最強予想理論では、前走「東京ダービー」のラップタイム分析から

JRA相手でも十分勝負になると見て、中穴本命に抜擢しましたが

見事にクビ差で勝ち切ってくれました!!


・2017.7.12 Jpn1 ジャパンダートダービー(大井)




2010年のマグニフィカ以来、7年ぶりの地方馬優勝ですから、

大井競馬の観客もゴール前では異様な盛り上がりを見せていまし

たよ(実は管理人もその観衆の中にまぎれてました、テヘペロ)。


そして、鞍上の本田正重騎手も「(兄貴分である)泰斗さんのぶん

までという気持ちでいました」と勝利者インタビューで答えており、

「ああ、なんか良いドラマを見させてもらったなぁ~」と管理人は

ひとり感慨に浸っております(^.^)

※ちなみに、馬券のほうはオマケで買った単勝(10.2倍)が五百円分

 当たっただけ‥‥。こちらも別の意味で感慨に浸っております(T_T)
















【Jpn1・ジャパンダートダービー(大井)】最新予想公開~エピカリス不在なら、南関東勢の“地の利”が活きる!~

【Jpn1・ジャパンダートダービー(大井)】

①1着入線可能性大‥ヒガシウィルウィン
※「UAEダービー」をアタマ差2着と大健闘したエ
 ピカリスの復帰が予想以上に遅れており、その3歳
 筆頭格が不在となる今年の「JDD」は相当な波乱
 含みの展開が待ち受けていそう。
 そんな中、今回本命に抜擢するのは前走「東京ダー
 ビー」を6馬身差で圧勝した南関の雄・ヒガシウィ
 ルウィンである。当馬はその前走で終始外々を廻ら
 されながらもラストは余力十分の伸び脚を見せてお
 り相手強化となるココでこそ更なる時計短縮が期待
 できよう。2歳時には前述したエピカリスに大敗し
 た経験もあるが、当時と比べれば筋肉量の増加は一
 目瞭然であり、今は“別馬”に生まれ変わったものと
 捉えてよいだろう。主戦騎手の骨折により大役が回
 ってきた本田Jの奮起を願わずにはいられない。
 相手筆頭には、前走「ユニコーンS」をケチの付け
 ようのない好ラップで駆け抜けたサンライズノヴァ
 をぶ厚く絡める。一方で、もう一頭の南関クラシッ
 ク馬・キャプテンキングも決して忘れてはならない
 存在。当馬はすでに“中央場所”で好走を繰り返して
 きた実績馬であり、「転入&叩き3走目」のこのレ
 ースで一発大駆けがあったとしても全く驚けない。


②3着内入線可能性大‥サンライズノヴァ

           キャプテンキング

           リゾネーター

③押さえ要員‥ローズプリンスダム タガノディグオ 

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)





★上記予想は7月12日(水)現在の最強予想理論に
 基づくコンピューター解析結果です。

★地方競馬の直前予想は「交流重賞(Jpn1及びG1)」
 開催時のみ公開しております。

★地方競馬の買い目配信はオッズ変動が激しいため、
 現在行なっておりません。上記予想を参考にご自分
 で買い目を組み立てて頂ければ幸いです。









【重要】地方競馬予想の掲載について

どうも、管理人です。

2016年11月より、最強予想理論における地方競馬予想は

交流重賞の「Jpn1」(2歳戦を除く)及び「G1」を中心に

掲載させて頂いております。

※次回の予想掲載は明後日、7月12日(水)ナイター開催の

 「ジャパンダートダービー(大井/Jpn1)」となります。



<地方競馬予想・年間掲載スケジュール>

・2月上旬  川崎記念(川崎/Jpn1)

・5月上旬  かしわ記念(船橋/Jpn1)

・6月下旬  帝王賞(大井/Jpn1)

・7月中旬  ジャパンダートダービー(大井/Jpn1)

・10月上旬 マイルチャンピオンシップ南部杯(盛岡/Jpn1)

・11月上旬 JBC・3競走(大井/Jpn1)

・12月下旬 東京大賞典(大井/G1)



上記ルールは、地方競馬における予想を省力化することにより

今まで以上に「中央競馬予想」を充実させるための方策となり

ますので、読者諸氏におかれましては何卒ご理解賜りますよう

お願い申し上げます。