【浦和記念(浦和)】最新予想公開~地方勢の大逆襲劇に大いなる期待。~

【浦和記念(浦和)】

①1着入線可能性大‥サミットストーン
※交流重賞では「苦汁をなめる」ことの多い地方所属
 馬であるが、この「浦和記念」に関しては話が別。
 コーナーを6度廻らなければならない浦和の2,000
 mは直線の短さも相まって、競争能力の高さだけで
 は勝ち切ることが難しい。
 以上を踏まえて「本命・対抗」に推すのは、南関東
 では長期にわたり崩れ知らずのサミットストーン&
 グランディオーソである。両馬とも「小回りの浦和
 」に対応できる器用な走法をすでに身に付けており
 「地方馬だから‥」と軽んじられるなら、その逆を
 突くのが馬券戦略における鉄則とも言える。相手関
 係を眺めてみても、JRAからの参戦は伸びしろの
 ない高齢馬ばかり。ならばココは大穴推奨馬を含め
 た「地方勢の大逆襲」に期待するのが何より競馬の
 醍醐味というものである(^^)


②3着内入線可能性大‥グランディオーソ

           エーシンモアオバー

           グランドシチー

③3連複要員‥ランフォルセ 

④大穴推奨馬‥ (←10位前後)





★上記予想は11月19日(水)現在の最強予想理論に
 基づくコンピューター解析結果です。

★中央競馬につきましてはレース当日に馬場・天候等を
 加味した解析結果を最終予想として当ブログに公開し
 ます。

★開催日当日午前9時30分までに各会員宛てに最終的
 な買い目を配信します。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント