FC2ブログ

【中央重賞・怒涛のカルテット予想】最新予想公開~(JBCスプリント)キングズガード、ハイペース利すれば中穴一発の“鬼差し”決まる。(JBCクラシック)ノンコノユメ&サウンドトゥルー、激流必至なら当然追い込み勢を重視。(JBCレディスクラシック)ラビットラン、定量の牝馬限定戦なら崩れる要素ナシ。(アル共杯)ムイトオブリガード、昇級初戦でも“即通用”の公算大。~

【JBCスプリント】

①1着入線可能性大‥キングズガード
※今回本命視するキングズガードは過去の競走歴が示
 すように、展開によって着順が大きく上下する典型
 馬と言ってよい。つまりは緩い流れの時に脚を余し
 速い流れなら“本領発揮”という構図。さて、そこで
 本年の「JBCスプリント」に目を転じると、前前
 の位置取りでレースを進める先行脚質馬が大挙出走
 して来ており、ハイペースは必至の情勢と考えるの
 が妥当な線。であれば、キングズガードにとっては
 おあつらえ向きの末脚活きる場面が最後の直線で
 現出するものと捉えるのが自然な思考と言えよう。
 馬券の相手には、南関移籍によってその潜在能力を
 存分に開花させたキタサンミカヅキを厚めに。人気
 薄のなかでは、経済コースを廻ってじっくりと脚を
 タメてくる爆穴・ニシケンモノノフに対して警戒を
 怠らないようにしたい。


②3着内入線可能性大‥キタサンミカヅキ

           モーニン

           マテラスカイ

③押さえ要員‥レッツゴードンキ

④大穴推奨馬‥ニシケンモノノフ



【JBCクラシック】

①1着入線可能性大‥ノンコノユメ
※強力な先行勢が揃った今年の「JBCクラシック」
 は、(中距離戦ながら)レース序盤から激しい競り
 合いが予想されるだけに、「展開利」は後方でじっ
 くりと脚をタメる追込脚質馬にもたらされる可能性
 が高い。本命に推すノンコノユメは直近2走が4着
 ⇒4着と精彩を欠いてはいるが、いずれのレースも
 小回りコースや出遅れに泣かされており度外視は可
 能。3戦ぶりに中央場所に戻り、淀みのない流れが
 確実視される今回は、3走前の「フェブラリーS」
 で見せた豪脚が再び降臨してもおかしくはないだろ
 う。3連軸確定。
 相手筆頭にはノンコノユメと同脚質で、8歳となっ
 てもまだまだ衰えを知らない昨年の覇者・サウンド
 トゥルーをぶ厚く絡めておこう。


②3着内入線可能性大‥サウンドトゥルー

           オメガパフューム

           ケイティブレイブ

③押さえ要員‥サンライズソア

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)



【JBCレディスクラシック】

①1着入線可能性大‥ラビットラン
※デビュー以来、芝&ダートの二刀流で実績を残して
 きたラビットランで勝負にゆく。本来ダート血統で
 ある当馬が芝コースにも使われてきた最大の理由は
 ラビットラン特有の筋肉の柔軟性に求めることがで
 きるが、その弾力性豊かな馬体から繰り出されるス
 ピード性能は、まさしく“中央の砂”向きといっても
 過言ではないだろう。現時点における淀のダートコ
 ースは、(良馬場ながら)相当程度速い時計が想定
 される仕様となっており、ラビットランにとっては
 自身の能力を遺憾なく発揮できる条件は整ったもの
 と判断してよい。3連軸確定。
 一方、ラビットランとは対照的にココが初ダートな
 るカワキタエンカが穴馬として面白い存在。「ダー
 ト適性」に関して不確定要素はあるものの、スター
 トを決めて(砂をかぶらず)楽な先行態勢を築けれ
 ば、あれよあれよの行ったきりが現実のものとなる
 可能性は否定できまい。


②3着内入線可能性大‥カワキタエンカ

           フォンターナリーリ

           プリンシアコメータ

③押さえ要員‥クイーンマンボ

④大穴推奨馬‥ブランシェクール



【アルゼンチン共和国杯】

①1着入線可能性大‥ムイトオブリガード
※現時点でオッズ10倍以下が6頭と、混戦模様漂う
 本年の「アルゼンチン共和国杯」。しかしながら、
 この6頭の間には微妙なハンデ差が発生しており、
 最終的な勝負の分かれ目にはこの斤量が少なからず
 影響を与えて来るかも知れない。
 というわけで、本命には(比較的)軽斤量で臨める
 こととなったムイトオブリガードを抜擢する。当馬
 は3歳時、その脚元の弱さからダートを使わざるを
 得ない状況が続いたが、ここに来て馬体は充実一途
 の様相を呈しており本格化は目前に迫っているもの
 と捉えて問題ない。直近3走で計時してきたラップ
 タイムはいずれも秀逸で、相手強化となる重賞戦で
 あっても十分に通用する器と考えてよいだろう。
 一方、展開的に超スローまであり得る今回は、中穴
 ・ガンコによる先行粘り込みだけには注意しておき
 たいところである。


②3着内入線可能性大‥ガンコ

           ウインテンダネス

           ルックトゥワイス

③押さえ要員‥パフォーマプロミス

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)





★上記予想は11月4日(日)現在の最強予想理論に
 基づくコンピューター解析結果です。

★中央競馬につきましてはレース当日に馬場・天候等
 を加味した解析結果の一部を「最終買い目」として
 当ブログに公開します。

★予想配信会員の皆さまには、中央競馬・開催日当日
 午前9時30分までに万馬券獲得可能性をより一層
 高めた「厳選買い目」を配信させて頂きます。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント