FC2ブログ

【中央重賞ダブル予想】最新予想公開~(小倉記念)小倉巧者・トリオンフ不動軸も、穴馬激走に期待高まる。(レパードS)スロー濃厚なメンバー構成なら、中穴・グリムに展開の利。~

【小倉記念】

①1着入線可能性大‥トリオンフ
※昨春の去勢手術以来、“イレ込み癖”を完全に封印し
 た感のあるトリオンフで軸は堅い。セン馬への移行
 というのは基本的に幼少期に行なったほうが効果が
 出やすいと言われているが、デビューからわずか3
 戦目での陣営の英断はまさに称賛に値するものとし
 て評価すべきだろう。その手術からここまで、一線
 級を相手にした「大阪杯」を除けば5着以下に崩れ
 た経験がなく、加えて大得意の平坦&小回りコース
 に戻るのであれば上位争いは必至の情勢と捉えるの
 が自然な思考とも言えよう。3連軸確定。
 馬券戦略としては、軽ハンデを武器に先団で競馬を
 進めれば、粘り込みの余地が十二分に残されている
 中穴・マウントゴールドを厚めに絡めて高配当狙い
 といきたい。


②3着内入線可能性大‥マウントゴールド

           ストロングタイタン

           サンマルティン

③押さえ要員‥サトノクロニクル

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)



【レパードステークス】

①1着入線可能性大‥グリム
※今年の「レパードS」は積極果敢な逃げを打ちそう
 な馬が見当たらず、道中はやや緩い流れが想定され
 る。それゆえ、馬券の組み立てとしては「内枠先行
 馬」を集中的に狙い撃つのが面白いかも知れない。
 というわけで、本命には前走大敗で人気落ちが確実
 視される中穴・グリムを抜擢する。当馬はその前走
 「ユニコーンS」において2番人気に推されながら
 期待を大きく裏切ったが、最大の敗因は内で包まれ
 た事による“脚余し”であり度外視は可能。冒頭に述
 べた通り、「逃げ馬不在」の今回はレース序盤から
 楽な先行策が叶うはずで、行ったきりの展開利を手
 に入れるのはさほど難しくないだろう。短期放牧に
 より程よくリフレッシュした馬体でいきなりの巻き
 返しを体現してほしいところ。


②3着内入線可能性大‥アドマイヤビクター

           ドンフォルティス

           グレートタイム

③押さえ要員‥ビッグスモーキー

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)





★上記予想は8月5日(日)現在の最強予想理論に
 基づくコンピューター解析結果です。

★中央競馬につきましてはレース当日に馬場・天候等
 を加味した解析結果の一部を「最終買い目」として
 当ブログに公開します。

★予想配信会員の皆さまには、中央競馬・開催日当日
 午前9時30分までに万馬券獲得可能性をより一層
 高めた「厳選買い目」を配信させて頂きます。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント