【中央重賞ダブル予想】最新予想公開~(函館スプリントS)セイウンコウセイ不動軸も、「イン優勢馬場」には要注意!(ユニコーンS)“サンライズ陣営”VS“テソーロ陣営”の闘いか!?~

【函館スプリントステークス】

①1着入線可能性大‥セイウンコウセイ
※昨日の「HTB杯(芝1,200m)」がレコード決着
 となったことからもわかる通り、今年の函館コース
 は完全なスピード型の馬場へと変貌を遂げている。
 それゆえ今回ばかりはパワー型の“洋芝巧者”を軽視
 しつつ、“高速決着”を得意とする有力馬たちに狙い
 を定めた馬券戦略が有効と見る。
 本命は恵まれ過ぎた斤量で走れるセイウンコウセイ
 で問題ない。当馬はハイレベル戦となった前走「高
 松宮記念」を57キロで楽に差し切っており、そこ
 から1キロ減となる「G3戦」なら格の違いは歴然
 であろう。8枠からの発走で外々を廻らされるぶん
 展開面での不利は免れないが、それを考慮に入れて
 もなお複勝圏外に沈む場面は想定しにくい。
 一方、馬券の相手としては開幕週の「ラチ沿い優勢
 馬場」をレース終盤まで十二分に活かすことのでき
 るキングハート&大穴推奨馬の2頭をぶ厚く絡めて
 高額万馬券までを視野に入れたい。


②3着内入線可能性大‥キングハート

           ブランボヌール

           ジューヌエコール

③押さえ要員‥シュウジ

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)



【ユニコーンステークス】

①1着入線可能性大‥サンライズノヴァ
※2017年の3歳ダート戦線はこの時期になっても
 いまだに勢力図がハッキリと定まっておらず、この
 「ユニコーンS」においても思わぬ伏兵が台頭する
 余地ありと見て、馬券を組み立てるのが妥当か。
 というわけで、本命にはデビュー以来ここまでダー
 トでは安定した「先行粘り腰」を見せるサンライズ
 ノヴァを抜擢したい。当馬の前走「鳳雛S」におけ
 る敗戦は、道中激しい主導権争いに巻き込まれてし
 まったがゆえの帰結であり、悲観する必要は皆無。
 むしろ今回は一転して楽な先行策が叶いそうで自滅
 のリスクはほぼ無くなった。陣営も同じ轍は踏むま
 いと大幅な鞍上強化で臨んで来ており勝負度合いは
 限りなく高まったものと見なしてよい。3連軸確定。
 一方、レース終盤でサンライズノヴァが他の先行勢
 を競り潰す展開となれば、後方からハルクンノテソ
 ーロ&大穴推奨馬が一気の強襲を仕掛ける。


②3着内入線可能性大‥ハルクンノテソーロ

           リエノテソーロ

           サンライズソア

③押さえ要員‥アンティノウス

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)





★上記予想は6月18日(日)現在の最強予想理論に
 基づくコンピューター解析結果です。

★中央競馬につきましてはレース当日に馬場・天候等
 を加味した解析結果の一部を「最終買い目」として
 当ブログに公開します。

★予想配信会員の皆さまには、中央競馬・開催日当日
 午前9時30分までに万馬券獲得可能性をより一層
 高めた「厳選買い目」を配信させて頂きます。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント