【中央重賞ダブル予想】最新予想公開~(シルクロードS)中穴・ブランボヌール、密かなる“平坦巧者”の出番到来!(根岸S)豪脚・カフジテイク、距離短縮でも安定の“後方一気”。~

【シルクロードステークス】

①1着入線可能性大‥ブランボヌール
※本命視するブランボヌールは、その戦績から「洋芝
 巧者」と思われがちであるが、過去のラップタイム
 を精査してみると、むしろ「平坦な馬場」でこそ自
 らの能力を最大限発揮できている事がよくわかる。
 また走法的に見ても、馬群や坂道での挙動が露骨に
 ぎこちなくなる傾向にあり、8枠発走かつ平坦馬場
 に戻る今回が絶好の狙い目であると考えるのが妥当。
 内寄りの芝の傷みが目立ってきた今の京都コースで
 あれば、ブランボヌールの「外差し強襲」がハマっ
 ても全く驚きはしない。
 相手筆頭には淀で2連勝中と(スプリント戦では)
 まだまだ底を見せていないセイウンコウセイが最適。
 人気薄の中では、前走「淀短距離S」で酷斤量に泣
 いた大穴推奨馬の巻き返しに注目しておきたい。


②3着内入線可能性大‥セイウンコウセイ

           ダンスディレクター

           ソルヴェイグ

③押さえ要員‥ネロ

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)



【根岸ステークス】

①1着入線可能性大‥カフジテイク
※前走の「G1・チャンピオンズC」において、強豪
 相手に互角の勝負に持ち込んだカフジテイクで軸は
 堅い。今年の「根岸S」はメンバー的に先行脚質馬
 が極端に多く、前が流れる展開が濃厚となったココ
 でカフジテイクの“後方一気”がハマる可能性は限り
 なく高まったものと捉えてよい。重賞勝ちのない当
 馬にとって、このレースでの賞金加算は至上命令と
 も言え、本格化目前の好馬体で是が非でもタイトル
 を掴み取りたい。3連軸確定。
 一方、曲者・横山Jがラチ沿いをベッタリと廻らせ
 て来るであろうニシケンモノノフには相当程度の警
 戒が必要。最後の直線で「イン差し」が叶うような
 ら大駆け一発までが視野に入ってくる。


②3着内入線可能性大‥ニシケンモノノフ

           キングズガード

           エイシンバッケン

③押さえ要員‥ベストウォーリア

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)





★上記予想は1月29日(日)現在の最強予想理論に
 基づくコンピューター解析結果です。

★中央競馬につきましては、レース当日に馬場・天候
 等を加味した解析結果の一部を「最終買い目」とし
 て当ブログに公開します。

★本会員の皆様には、中央競馬・開催日当日午前9時
 30分までに、万馬券獲得可能性をより一層高めた
 「厳選買い目」を配信させて頂きます。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント