【中央重賞ダブル予想】最新予想公開~(金鯱賞)サトノノブレス、久々の相手弱化戦で上位争い必至。(ステイヤーズS)長距離専門・アルバート、同レース2連覇へ視界良好~

【金鯱賞】

①1着入線可能性大‥サトノノブレス
※本命に推すサトノノブレスにとっては4戦ぶりとな
 る大幅な相手弱化戦。さらには相性抜群の中京コー
 スで行われるレースとあって、陣営の勝負気配はす
 でに最高潮に達している。一部メディアでは「なぜ
 初免許の外国人騎手を手配したのか?」という疑問
 が湧き上がっているが、シュミノーJの優れた騎乗
 技術を見れば、日本の若手騎手と同列に扱うことが
 いかに無意味であるかというのがよくわかる。むし
 ろ、騎手のおかげで人気が落ちるなら儲けもの。迷
 うことなく3連軸で勝負にいきたい。
 一方、外枠に先行馬が揃ったことにより、展開的に
 レース終盤では激しい消耗戦が繰り広げられそう。
 そうなれば、ラチ沿いで脚をタメるレコンダイト&
 シュンドルボンの2頭に急浮上のチャンスが巡って
 来る事になるが果たして‥。


②3着内入線可能性大‥レコンダイト

           シュンドルボン

           ヴォルシェーブ

③押さえ要員‥リアファル

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)



【ステイヤーズステークス】

①1着入線可能性大‥アルバート
※長距離戦に限っては最後までスタミナ切れを起こさ
 ないアルバートで軸は堅い。母父・ダンスインザダ
 ークの血を色濃く受け継いだ当馬の持久力は特筆も
 ので、格下揃いのメンバー構成となったココでは崩
 れる要素が見当たらない。ただし現時点においては
 やや過剰人気となってしまった感が否めず、馬券戦
 略的には「穴馬の取捨選択」が重要なカギを握るレ
 ースとなろう。
 というわけで、アルバートの相手候補には大駆けの
 可能性を多分に秘めた人気落ちの実力馬をずらっと
 並べてゆく。まず対抗馬として、久しぶりに順調な
 調教過程を踏めたファタモルガーナを厚めに。さら
 なる人気薄からは、鞍上強化による巻き返しが怖い
 大穴推奨馬、加えて先行前残りの展開利を得るタマ
 モベストプレイあたりに注目しておきたい。


②3着内入線可能性大‥ファタモルガーナ

           タマモベストプレイ

           ジャングルクルーズ

③押さえ要員‥モンドインテロ

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)





★上記予想は12月3日(土)現在の最強予想理論に
 基づくコンピューター解析結果です。

★中央競馬につきましては、レース当日に馬場・天候
 等を加味した解析結果の一部を「最終買い目」とし
 て当ブログに公開します。

★本会員の皆様には、中央競馬・開催日当日午前9時
 30分までに、万馬券獲得可能性をより一層高めた
 「厳選買い目」を配信させて頂きます。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント