【中央重賞ダブル予想】最新予想公開~(小倉記念)サトノラーゼン鞍上・岩田J、ようやくの巻き返し気運か。(レパードS)上位陣強力で“馬券妙味”は望み薄。~

【小倉記念】

①1着入線可能性大‥サトノラーゼン
※復調気配濃厚な好素質馬・サトノラーゼンで軸は堅
 い。当馬は近4走で人気を裏切り続けてはいるが、
 ここに来てやっとのことで本来の追い切りタイムを
 計時するようになり、反撃開始はこの「小倉記念」
 からと見るのが妥当。「日本ダービー・2着」の実
 績から考えれば相手関係も格下ばかりであり、5連
 続の凡走は許されない状況と言える。鞍上の岩田J
 にしても、最近は「絶不調ぶり」ばかりが強調され
 るが、その主要因は担当馬の質が相対的に低下した
 からであり、決して彼自身の能力が衰えたわけでは
 ない。“高品質”なサトノラーゼンの力を借りてほぼ
 1年振りとなる重賞制覇を成し遂げたい。
 対抗には、内枠を奪取した事で「ラチ沿いベッタリ
 戦法」なら大駆け可能なエキストラエンドを抜擢。
 一方、穴どころでは平坦コースでこそ持ち前の自在
 性を発揮するクランモンタナに警戒が必要となる。


②3着内入線可能性大‥エキストラエンド

           マーティンボロ

           ダコール

③押さえ要員‥クランモンタナ

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)



【レパードステークス】

①1着入線可能性大‥ケイティブレイブ
※実績最上位のケイティブレイブを筆頭に、有力馬の
 多くはココまで安定した戦績を残して来ており、馬
 券的な“大勝負”は避けたいレース。唯一荒れるケー
 スを想定するなら、それはグレンツェントの「仕掛
 け遅れ」ということになるが、さてどうか‥。
 冒頭に書いた通り、本命軸は実績馬・ケイティブレ
 イブで問題ない。出走全馬をざっと見渡してみても
 ケイティブレイブの「快速逃げ」に太刀打ちできる
 相手は皆無であり、レース序盤からすんなり楽逃げ
 の態勢へと持ち込める。もちろん、その後のペース
 配分は「精密な体内時計」を持ち合わせる武豊Jに
 まるまる一任しておけばよい。3連軸確定。
 馬券の相手にはピットボス~グレンツェントの3頭
 を同列で配置。人気薄の中では調教強度をピークに
 まで高めてきたレガーロ&大穴推奨馬に淡い期待を
 抱いておこう。


②3着内入線可能性大‥ピットボス

           ネクストムーブ

           グレンツェント

③押さえ要員‥レガーロ

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)





★上記予想は8月7日(日)現在の最強予想理論に
 基づくコンピューター解析結果です。

★中央競馬につきましては、レース当日に馬場・天候
 等を加味した解析結果の一部を「最終買い目」とし
 て当ブログに公開します。

★本会員の皆様には、中央競馬・開催日当日午前9時
 30分までに、万馬券獲得可能性をより一層高めた
 「厳選買い目」を配信させて頂きます。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント