【中央重賞ダブル予想】最新予想公開~(函館スプリントS)距離短縮で「内枠3歳馬」の妙味増大。(ユニコーンS)「ハイレベル戦・伏竜S組」を中心視。~

【函館スプリントステークス】

①1着入線可能性大‥シュウジ
※大きく人気の割れた今年の「函館SS」は、仲良く
 2枠に並んだ3歳勢にうま味を見い出すことができ
 る。両馬ともに軽斤量で臨めることはさることなが
 ら、久々に「適性距離=1,200m」へ戻って来れた
 というのが何よりもの好材料。特に今回本命に推す
 シュウジは近走、明らかに適性を見誤った使われ方
 をしており巻き返しがあるなら当然ココ。ラチ沿い
 を走らせることにかけては信頼度抜群の岩田Jを背
 に、(人馬ともに)ご無沙汰となっている重賞タイ
 トルをもぎ取りにゆく。
 馬券の相手としては上述した2枠の大穴推奨馬に加
 えて、内枠利するレッツゴードンキを厚めに絡める。
 有力馬の人気が拮抗しているだけに、馬券戦略的に
 はオッズの見極めが極めて重要な一戦となろう。


②3着内入線可能性大‥レッツゴードンキ

           オメガヴェンデッタ

           ティーハーフ

③押さえ要員‥アクティブミノル

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)



【ユニコーンステークス】

①1着入線可能性大‥ストロングバローズ
※ハイレベル戦となった「伏竜S」で互いにしのぎを
 削り合ったストロングバローズ&グレンツェントが
 馬券の中心。両馬とも能力面においてほとんど差は
 ないが、先行力という点ではストロングバローズが
 やや優位に立つため、本命にはこちらを指名する。
 当馬は相当な大型馬ゆえ疲労が蓄積しやすいタイプ
 であるが、2か月半という適度なリフレッシュ期間
 を与えられた今回ばかりは万全の状態で臨んでくる
 ものと考えてよい。デビュー以来初めて鞍上が固定
 されたことも当馬にとっては少なからずのプラス材
 料であり、まずはココで初タイトル奪取といきたい。
 相手筆頭には上述のグレンツェントで問題なし。人
 気薄の中では、「府中巧者」である事に疑いのない
 大穴推奨馬に要注目といったところ。


②3着内入線可能性大‥グレンツェント

           クインズサターン

           ゴールドドリーム

③押さえ要員‥ピットボス

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)





★上記予想は6月19日(日)現在の最強予想理論に
 基づくコンピューター解析結果です。

★中央競馬につきましては、レース当日に馬場・天候
 等を加味した解析結果の一部を「最終買い目」とし
 て当ブログに公開します。

★本会員の皆様には、中央競馬・開催日当日午前9時
 30分までに、万馬券獲得可能性をより一層高めた
 「厳選買い目」を配信させて頂きます。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント