【天皇賞(春)】最新予想公開~レースのカギは「負担重量・58キロ」への耐久性能にあり!~

【天皇賞(春)】

①1着入線可能性大‥フェイムゲーム
※例年と比較すると、今年の「春天」は58キロとい
 う斤量を背負い慣れていない(もしくは経験すらし
 たことのない)馬が多く、この負担重量に対する「
 耐久性能の違い」がレース結果に大きな影響を与え
 る可能性は多分にあるものと見たい。
 以上を踏まえて今回本命に推すのは、今となっては
 「酷斤量」が既定路線となった感さえある中穴・フ
 ェイムゲームである。当馬は年を重ねるに従って「
 程よいズブさ」を身に付け、気性的にも長距離仕様
 の素質馬へと変化しつつある。剛腕・ボウマンJへ
 の鞍上変更は、このズブさをコントロールするには
 まさに打ってつけのベストな選択であり、強敵相手
 となるココでも上位争いは必至の情勢とみて問題な
 い。3連軸確定。
 馬券の組み立てとしては、能力上位となるシュヴァ
 ルグラン~ゴールドアクターまでの3頭を同列で。
 人気薄の中では、「淀のスタミナ勝負」を得意とす
 るレーヴミストラル&大穴推奨馬による一発大駆け
 に警戒しておきたい。
 

②3着内入線可能性大‥シュヴァルグラン

           キタサンブラック

           ゴールドアクター

③押さえ要員‥レーヴミストラル アルバート

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)





★上記予想は5月1日(日)現在の最強予想理論に
 基づくコンピューター解析結果です。

★中央競馬につきましては、レース当日に馬場・天候
 等を加味した解析結果の一部を「最終買い目」とし
 て当ブログに公開します。

★本会員の皆様には、中央競馬・開催日当日午前9時
 30分までに、万馬券獲得可能性をより一層高めた
 「厳選買い目」を配信させて頂きます。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント