【S1・羽田盃(大井)】最新予想公開~成長力重視なら、タービランス&トロヴァオの同列2頭軸戦略。~

【S1・羽田盃(大井)】

①1着入線可能性大‥タービランス
※今年の3歳牡馬クラシック戦線は、「京浜盃」を含
 めて低水準のラップを刻むケースが多く、有力どこ
 ろに共通して言えるのは近走の戦績がほとんど“当
 てにならない”という事。裏を返せば、それは新聞
 紙上の馬柱を眺める意味が“皆無に等しい”という事
 であり、今回ばかりは(少しひねって‥)「調教ラ
 ップ」に重点を置いた馬券戦略に切り換えてみたい。
 さて、上記を踏まえてデビュー時からここまでの調
 教ラップの変遷を辿ってみた時、抜きん出た成長力
 の足跡を残しているのはタービランス&トロヴァオ
 の2頭。直前追い切りの内容も他馬を圧倒しており
 両馬ともにピーク寸前まで仕上げてきたと見るのが
 妥当である。「ゲート難」を患うぶんだけトロヴァ
 オの評価を一段下げたが、馬券的には同列軸での勝
 負が基本型となる。
 一方、人気薄の中では「3枠」に並んだフォクスホ
 ール&大穴推奨馬に要注目。道中、仲良くラチ沿い
 の「経済コース」を廻って来られるなら、どんでん
 返しを演出したとしても驚きはしない。


②3着内入線可能性大‥トロヴァオ

           フォクスホール

           アンサンブルライフ

③押さえ要員‥グランユニヴェール

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)





★上記予想は4月19日(火)現在の最強予想理論に
 基づくコンピューター解析結果です。

★地方競馬の買い目配信はオッズ変動が激しいため
 現在行なっておりません。上記予想を参考にご自分
 で買い目を組み立てて頂ければ幸いです。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント