【中央重賞ダブル予想】最新予想公開~(産経大阪杯)堅実・ラブリーデイを筆頭に馬券の組み立ては容易な一戦。(ダービー卿CT)鬼脚・サトノアラジン、重賞で待望の「相手弱化戦」。~

【産経大阪杯】

①1着入線可能性大‥ラブリーデイ
※「G1優勝馬」に、成長軌道へと乗った感のあるア
 ンビシャスを加えた6頭が馬券の中心。タイトルの
 通り馬券構成は容易であり、難しく考えずに期待値
 の高い買い目を狙い撃つ戦略を採用したい。
 本命には、ようやく得意の2,000mを舞台に戦える
 ラブリーデイを指名する。「好位差し」を信条とす
 る当馬にとって2番ゲートは絶好枠以外の何物でも
 なく、上位争いは必至の情勢。調教過程を見る限り
 年明けの休養は心身両面において非常に良いリフレ
 ッシュ効果をもたらしており、鞍上強化も相まって
 崩れる要素は見当たらない。香港遠征に向けてキッ
 チリと結果を残しておきたいところ。
 上述したように相手は実力馬揃いであり、単純には
 優劣が付けがたい。現時点では大穴推奨馬が過少評
 価を受けており、照準を絞るならココからか。


②3着内入線可能性大‥ショウナンパンドラ

           キタサンブラック

           ヌーヴォレコルト

③押さえ要員‥アンビシャス

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)



【ダービー卿チャレンジトロフィー】

①1着入線可能性大‥サトノアラジン
※阪神で行われる「産経大阪杯」とは打って変わって
 こちら中山は展開次第で大荒れまでが視野に入る妙
 味十分のメンバー構成となった。それゆえ馬券戦術
 は、「超高額配当」まで到達可能な組み立てを心掛
 けたい。
 本命は5戦ぶりに「相手弱化戦」が巡って来たサト
 ノアラジンで問題ない。当馬はオープンへの再昇級
 後、重賞では4戦続けて強敵相手に勝利を逃がして
 おり、実力最上位で臨む今回ばかりは言い訳が許さ
 れない。斤量57キロが若干の懸念材料とはなるが
 このメンバーでトップハンデを免れた事はむしろ喜
 ぶべき状況とも言える。ほぼ1年前、同条件の「春
 興S」で見せた“鬼脚再来!!”の期待は大きい。
 一方、このレースの(展開面における)波乱要因は
 何はさておき「先行前残り」。差し脚質馬の鞍上ら
 が追い出しのタイミングを遅らせるようだと、サン
 ライズメジャー&大穴推奨馬へ一気に展開利が舞い
 込んでくる。


②3着内入線可能性大‥サンライズメジャー

           ダッシングブレイズ

           キャンベルジュニア

③押さえ要員‥ロゴタイプ

④大穴推奨馬‥ (←7位前後)





★上記予想は4月3日(日)現在の最強予想理論に
 基づくコンピューター解析結果です。

★中央競馬につきましては、レース当日に馬場・天候
 等を加味した解析結果の一部を「最終買い目」とし
 て当ブログに公開します。

★本会員の皆様には、中央競馬・開催日当日午前9時
 30分までに、万馬券獲得可能性をより一層高めた
 「厳選買い目」を配信させて頂きます。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント