【中央重賞ダブル予想】最新予想公開~(東京新聞杯)中穴・テイエムタイホー、好走条件は出揃った!(きさらぎ賞)サトノダイヤモンド信頼軸も、馬券妙味は期待薄‥。~

【東京新聞杯】

①1着入線可能性大‥テイエムタイホー
※府中・芝コースは現時点で「ラチ沿い優勢」と判断
 でき、逃げ馬不在のこのレースでは高確率でテイエ
 ムタイホーが展開利を得る。別定戦に戻り、他の有
 力馬とほぼ同条件で走れることも好材料であり、大
 外からストレスなく主導権を奪いにゆきたい。当馬
 が前走「京都金杯」で見せた先行粘り腰は「充実期
 間近」のシグナルと捉えるのが妥当であり、その勢
 いのままに重賞戴冠まで一気に駆け上がるかどうか、
 要注目の一戦となる。
 相手筆頭には「スロー濃厚」と見て、前残り狙いの
 ダイワリベラルを厚く据える。一方、穴どころでは
 叩き2走目で復調気配著しいマーティンボロに対し
 て中程度の警戒を要する。


②3着内入線可能性大‥ダイワリベラル

           ダッシングブレイズ

           ダノンプラチナ

③押さえ要員‥マーティンボロ

④大穴推奨馬‥ (←8位前後)



【きさらぎ賞】

①1着入線可能性大‥サトノダイヤモンド
※「少頭数立て」であることに加えて、上位人気馬は
 それ相応の実力を兼ね備えており、高配当は望み薄
 と考えるのが妥当である。それでも、あえて馬券勝
 負を挑むというのであれば、素質馬・サトノダイヤ
 モンドを信頼軸として、3連単を少点数で仕留めに
 ゆくのが最善策と言える。
 本命視するサトノダイヤモンドは言わずと知れた良
 血馬であり、過去2戦で刻んだ好ラップを見てみて
 もココでは頭ひとつ抜けた存在。たとえ道中、外々
 を廻されたとしても、当馬には余裕で差し切るだけ
 の瞬発力が備わっており問題とはならない。それゆ
 え、唯一1着を取りこぼすであろう場面は超スロー
 ペースに落とし込まれた時の「脚余し」だけと考え
 ておけば良い。


②3着内入線可能性大‥レプランシュ

           ロワアブソリュー

           ロイカバード

③押さえ要員‥該当馬なし

④大穴推奨馬‥ (←8位前後)





★上記予想は2月7日(日)現在の最強予想理論に
 基づくコンピューター解析結果です。

★中央競馬につきましては、レース当日に馬場・天候
 等を加味した解析結果の一部を「最終買い目」とし
 て当ブログに公開します。

★本会員の皆様には、中央競馬・開催日当日午前9時
 30分までに、万馬券獲得可能性をより一層高めた
 「厳選買い目」を配信させて頂きます。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです