【中央重賞ダブル予想】最新予想公開~(シルクロードS)ダンスディレクター、ようやくの初重賞制覇は目前。(根岸S)タガノトネール、スピード勝負ならお手の物。~

【シルクロードステークス】

①1着入線可能性大‥ダンスディレクター
※ここは安定した差し脚を有するダンスディレクター
 からの組み立てで問題ない。最内枠で包まれるリス
 クが嫌われて単勝オッズは5倍前後で推移しており
 馬券的な妙味は十分。そもそも先行馬が揃った今回、
 馬群はさほど凝縮せずに流れるはずであり、ダンス
 ディレクターにとっては「イン突き」&「外差し」
 どちらからでも勝負に行くことができる。進路選択
 も含めて追い出しのタイミングは名手・浜中Jに任
 せておけばよく、馬券を買う側は無用な心配などせ
 ずに美麗なまとめ差しを優雅にご堪能といきたい。
 一方、馬券の相手にも同じく、差し脚質馬3頭(=
 アースソニック~ビッグアーサー)を厚く配置。人
 気薄では、先行争い激化の底力勝負でこそ真価を発
 揮する大穴推奨馬に若干の警戒を要する。


②3着内入線可能性大‥アースソニック

           サトノルパン

           ビッグアーサー

③押さえ要員‥ネロ

④大穴推奨馬‥ (←8位前後)



【根岸ステークス】

①1着入線可能性大‥タガノトネール
※2月に行なわれる「G1・フェブラリーS」とは異
 なり、1ハロン短い「根岸S」はスピード能力とい
 う資質が大きく問われるレース。今年の出走馬を見
 渡す限り、ややパワー型に偏ったメンバー構成とな
 っており、「持続的な加速力」という視点で取捨を
 行なえば、本命はタガノトネールの一択という結論
 に落ち着く。道中は単騎逃げに持ち込むであろうシ
 ゲルカガを終始マークしておけばよく、「好位差し
 」を決めるには絶好の展開が現出する可能性が高い。
 自信の3連軸として高額配当を狙いにゆく。
 相手筆頭には持ち時計秀逸で、かつ鞍上を大幅に強
 化して来た中穴・タールタンが最適。人気薄の中か
 らは、追い切り好調でそろそろ深い眠りから覚めそ
 うな(!?)グレープブランデーに注目しておきたい。


②3着内入線可能性大‥タールタン

           サクラエール

           モーニン

③押さえ要員‥グレープブランデー

④大穴推奨馬‥ (←8位前後)





★上記予想は1月31日(日)現在の最強予想理論に
 基づくコンピューター解析結果です。

★中央競馬につきましては、レース当日に馬場・天候
 等を加味した解析結果の一部を「最終買い目」とし
 て当ブログに公開します。

★本会員の皆様には、中央競馬・開催日当日午前9時
 30分までに、万馬券獲得可能性をより一層高めた
 「厳選買い目」を配信させて頂きます。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント