【中央重賞ダブル予想】最新予想公開~(ジャパンC)ラブリーデイ、最内奪取で得意の省エネ走法ふたたび‥。(京阪杯)ベルカント、久々の単騎逃げならぶっちぎりもあり。~

【ジャパンカップ】

①1着入線可能性大‥ラブリーデイ
※「重賞4連勝中」でおのずと人気を吸い上げるラブ
 リーデイ。本来ならまっさきに嫌いたい馬ではあっ
 たが、「ラチ沿い優勢」の傾向が現れ始めた府中コ
 ースで最内枠を引き当てた今回ばかりは本命印を打
 たざるを得ない状況となった‥(^_^;) 唯一不安
 視された「輸送疲れ」も、本格化を成し遂げた今と
 なっては単なる杞憂でしかなく、実際、同厩のミッ
 キークイーンと共に余裕の現地入りという情報がす
 でに入ってきている。あれよあれよの年間7重賞制
 覇で「現役最強馬の称号」を手にする可能性は高い。
 さて、盤石のラブリーデイが相手となれば、対抗に
 は「超気分屋」で名を馳せる(?)ゴールドシップ
 が最適と思える。須貝陣営は前走「宝塚記念」の大
 失態を踏まえて、調教内容を明らかな自由放任型に
 切り替えてきた。久々となる「矯正馬具」を外した
 追い切りでは、近年にはない素軽さを随所に見せて
 おり、巻き返しのニオイがプンプンと漂う。引退ま
 であと2戦。雄姿復活を願わずにはいられない。


②3着内入線可能性大‥ゴールドシップ

           サウンズオブアース

           ショウナンパンドラ

③3連複要員‥ミッキークイーン アドマイヤデウス

④大穴推奨馬‥ (←8位前後)



【京阪杯】

①1着入線可能性大‥ベルカント
※「逃げの手」に出ればしぶといベルカントを本命に
 推す。当馬は近走、「好位先行型」の競馬に徹して
 いるように誤解されがちであるが、それは相手関係
 に同脚質馬が多かったがゆえの帰結。実際はレース
 序盤から馬群の先頭で主導権を握ってこそ、その能
 力をいかんなく発揮できるものと捉えるのが妥当で
 ある。今年の「京阪杯」のメンバー構成を見渡せば
 「差し競馬」を得意とする馬たちのオンパレード状
 態。ならば、ココは素直にベルカントの逃げ切り勝
 ちに期待するまで‥である。
 馬券的な相手には、ラチ沿いの絶好位を立ち回れる
 サトノルパン&エイシンブルズアイを厚めに。能力
 最上位のビッグアーサーは、ベルカントがレースを
 スローで支配した時の「末脚不発」を考慮して4番
 手評価までに留めておく。


②3着内入線可能性大‥サトノルパン

           エイシンブルズアイ

           ビッグアーサー

③3連複要員‥コパノリチャード

④大穴推奨馬‥ (←8位前後)





★上記予想は11月29日(日)現在の最強予想理論に
 基づくコンピューター解析結果です。

★中央競馬につきましてはレース当日に馬場・天候等を
 加味した解析結果を最終予想として当ブログに公開し
 ます。

★開催日当日午前9時30分までに各会員宛てに最終的
 な買い目を配信します。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント