【中央重賞ダブル予想】最新予想公開~(中京記念)トーセンレーヴ、混戦必至なら人気薄から。(函館2歳S)メジェルダ&ブランボヌール、ハイレベルな「新馬戦」を再現。~

【中京記念】

①1着入線可能性大‥トーセンレーヴ
※前走「洛陽S」で酷斤量を背負いながらも復調の兆
 しを見せた中穴・トーセンレーヴが(馬券的には)
 非常に面白い存在となった。近走の着順だけを見れ
 ば「凡走続き」のように錯覚してしまうが、実際の
 ところはその多くが展開&位置取りの不利が招い
 た帰結であり、着差からもそれは一目瞭然である。
 今回も人気を集める事は到底あり得ない上に、パー
 トンJに代わって「位置取り」に関しての不安要素
 はほぼ消えたと考えてよく、中穴一発の期待値は増
 すばかり。3連軸で大きく勝負にいきたい。
 相手には、能力上位の3頭(オリービン~カレンブ
 ラックヒル)を同列で並べるが、超人気薄から是非
 とも狙いたいのはダートを走るイメージしか湧かな
 い大穴推奨馬である(笑)。芝転向後、徐々に距離
 を伸ばしつつ、陣営の最大目標は間違いなくココ。
 薄くでよいので3連系に加えておいて損はない。


②3着内入線可能性大‥オリービン

           ダローネガ

           カレンブラックヒル

③3連複要員‥レッドアリオン

④大穴推奨馬‥ (←8位前後)



【函館2歳ステークス】

①1着入線可能性大‥メジェルダ
※6月の「新馬戦」で、共にハイレベルなラップを刻
 みながら激しい叩き合いを繰り広げたメジェルダ&
 ブランボヌールが馬券の中心。戦歴浅い「2歳戦」
 ということもあり、幸いにもオッズに大きな偏りは
 見受けられず、人気になる前のこのレースで勝負を
 賭けておきたい。
 本命に推すメジェルダは過去2戦、堅実な先行力を
 武器に無難なレース運びを披露しており、軸にする
 にはコチラが最適。今回も序盤から主導権を握って
 粘り込む公算が高い。
 一方、ライバルとなるブランボヌールは、デビュー
 当時からスタートダッシュに難がある事を指摘され
 ており、(その能力は認めつつも)相手強化のココ
 ではやや評価を下げるのが妥当。いずれにせよ、馬
 券の組み立ては上記2頭からで問題はない。


②3着内入線可能性大‥ブランボヌール

           オデュッセウス

           ラッキーボックス

③3連複要員‥ヒルダ

④大穴推奨馬‥ (←8位前後)





★上記予想は7月26日(日)現在の最強予想理論に
 基づくコンピューター解析結果です。

★中央競馬につきましてはレース当日に馬場・天候等を
 加味した解析結果を最終予想として当ブログに公開し
 ます。

★開催日当日午前9時30分までに各会員宛てに最終的
 な買い目を配信します。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント