【S1・羽田盃(大井)】最新予想公開~オウマタイム、前走の圧勝劇は無視できぬ。~

【S1・羽田盃(大井)】

①1着入線可能性大‥オウマタイム
※3歳・春を迎えたこの時季になっても気性難が抜け
 切らないオウマタイムだけに、距離延長のココは本
 来なら嫌いたいところ。しかしながら、前走「京浜
 盃」における8馬身差の激走を見せつけられると、
 さすがに軸を外す勇気は湧いてこない。将来的に当
 馬から幼さが消えれば、交流重賞さらには中央へ乗
 り込んでも活躍が期待できる力量の持ち主ゆえ、今
 回は「グリグリの本命馬」として素直に信頼したい。
 さて、問題は相手候補。オウマタイムが勝った「京
 浜盃」の2着馬以降は現時点で明確な能力差を見い
 出す事が難しく、(裏を返せば)この「羽田盃」で
 着順が目まぐるしく入れ替わる可能性が高いとも言
 える。
 なかでも上位進出の公算大なのが、前走スタートで
 後手を踏んだ追込馬・コンドルダンスである。安定
 した末脚を誇る当馬にとって、大井のハイレベル戦
 は最もハマりやすい舞台と考えてよく、もし「縦長
 の展開」が出現するなら一発までもが視野に入る。
 3連系には厚めに絡めてゆきたい。


②3着内入線可能性大‥コンドルダンス

           ヴェスヴィオ

           フラットライナーズ

③3連複要員‥パーティメーカー ストゥディウム

④大穴推奨馬‥ (←8位前後)





★上記予想は4月22日(水)現在の最強予想理論に
 基づくコンピューター解析結果です。

★中央競馬につきましてはレース当日に馬場・天候等を
 加味した解析結果を最終予想として当ブログに公開し
 ます。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント