【重要】最強予想理論のロジック公開

【最強予想理論】の具体的なロジックは以下の通りです。


①初めに、出走各馬の「距離適性」・「コース(馬場)適性」・「直接

 対決成績」・「ローテーション」を統計分析を用いたコンピュータ

 解析によって検証します。


②コンピュータ解析による検証結果から、1着入線可能性馬、

 3着内入線可能性馬、押さえ要員、大穴推奨馬を抽出します。

 (注目レースの有力馬は毎週末にブログにて公開!)


③枠順決定後、最終的に「騎手」・「追い切り(調教強度)」・「レース

 展開予想」を加味して、より高精度の抽出作業を行います。


④最新オッズ(レース当日午前6時)及び上記の抽出結果から、高額

 配当の期待値が高い馬券(買い目)を自動構成します。


※「血統」については、統計分析上、大きなブレが生じるため参考程度

 の扱いとしています。


以上が【最強予想理論】における大まかな馬券構成手法となります。

ちなみに①~④の作業時間をすべて足し合わせると、1Rあたり約1時間

となります。今後はシステムの増強によって、より高精度かつスピーディー

な予想を目指します。


ロジックについてのご質問などありましたら、何なりとお尋ね下さい。







スポンサーサイト